名前の詩シリーズでは長年に渡り人気者のふくろうや招き猫、来福地蔵だけでなく、干支にこだわった「干支.com」もサービス開始から丸7年が過ぎ、皆様の想いが詰った沢山の干支たちが飾られております。作品をご覧になった方々からのお問い合わせも多く、かんしゃかんしゃ、の毎日です。
2015年の干支は「ひつじ」です。
2015年で一番お描きした干支の絵柄です。
還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを着た未(ひつじ)や出産祝いにスタイをつけた絵柄が人気でした。

未(ひつじ)にちゃんちゃんこ未(ひつじ)にスタイ


羊は「未」と書きますが、「漢書」には「昧」(まい:暗い)で、植物がじめじめと茂り暗い様子、「味」(み:あじ)では果物が熟した状態とされます。後に動物の羊が割り当てられます。そんな未年を少し解説してみます。
【未年】
十二支の八番目
未年は、西暦年を12で割って11が余る年が未の年となる
未の月は旧暦6月
未の刻は午後2時を中心とする約2時間
未の方は南南西よりやや北寄り(南西微南)の方角である
五行は土気
陰陽は陰である

未(ひつじ)
【羊太夫の伝説】
羊太夫の伝説(歌語り風土記)
むかし羊太夫は、八束脛(やつかはぎ)という足の長い男を従者を使い、この男の力で空を飛び、驚くほどの速さで毎日のように大和へ通っていた。ある日八束脛が昼寝をしているときに、羊太夫は悪戯に八束脛の脇の下の黒い羽のようなものを抜いてしまった。そのために大和へ通えなくなった羊太夫は、謀反の疑いをかけられて、都から差し向けられた軍に滅ぼされたという。 八束脛は金の蝶と化して月夜野の石尊山まで逃れ、洞窟に隠れ住んだといい、その遺跡に八束脛神社(利根郡月夜野町後閑)がまつられ、鳥居に「八束脛三社宮」とある。羊太夫は、和銅年間に武蔵国の秩父で銅を発見して富み栄えたともいう。

次回の未(ひつじ)年は2027年ですね♪
  • 金婚式
初めての方
  • 流れ
  • マンガ
  • 流れ
  • 送料無料
  • 通常 お届け日

    本日ご注文で
    121(金)

    お届けできます。

    条件次第で
    1126(日)
    特急お届けできます
    ↓↓↓↓↓

    急ぎ
  • 早得
額
  • 木枠
  • 優美木目
  • 匠ひのき
  • 生漆
  • 黒漆
  • 白枠
  • 桜色
  • 赤枠
  • 時計白
  • 金縁
  • 金雅
  • 金箔
  • シルクフラワー
  • 紫陽花p
  • 紫陽花b
営業日
  • 営業日今月
  • 営業日来月
  • 赤色の日は佐志生工芸村の休業日です。
    ※休業日もインターネット、FAXからのご注文は承っております。
    休業日に頂いたご注文は翌営業日の確認となります。

注文
感動プラス
  • ここだけの理由
  • 包装
  • いつでもどこでも
    スマホで見れる♪
    ↓↓スマートフォン版↓↓スマホサイト
安心
  • 後払い
  • お客様からご注文・お問い合せなど情報を頂く通信に暗号化を施していますので安全です。第三者によって、送信情報を不正に盗み見られる危険性はありません。
    安心してお買い物いただけます。

動画
  • 制作風景
    包装
  • しっかり梱包
    包装
お客様の声 初めての方 注文 問合せ ページトップ
info
名前の詩 干支.com
初めての方 Q&A 問合せ 注文